読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 米Appleが9月7日のイベントで発表した「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」

 米Appleが9月7日のイベントで発表した「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新色、「ジェットブラック」の美しい光沢を守るためには、「ケースを使って表面を保護することをおすすめします」とAppleの公式サイトに注意書きとして記されている。 注釈  発表イベントでは、ジョナサン・アイブCDO(最高デザイン責任者)のナレーションが入ったジェットブラック加工についての説明動画が流れた(こちらで再生できる)。 iPhone6 シャネル  高級感のあるジェットブラックは128GBと256GBモデルでのみ入手可能だ。公式ページの「驚くほど精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工という、デザインエンジニアリングの新 驚きが少ないiPhone 7、それでも日本で売れそうな理由 アップルが満を持して発表した「iPhone 7」は日本でヒットするのか? ケータイジャーナリストの石野純也氏が分析した。 シャネルiphone7ケース  アップルが満を持して発表した「iPhone 7」は日本でヒットするのか? スケータイジャーナリストの石野純也氏が分析した。 【関連画像】FeliCaに対応し、Suicaなどの決済サービスを日本で使えるようになった  「驚くほど日本市場を意識したiPhone」。 アイフォン7シャネル筆者が、iPhone 7 / 7 Plusの発表会を中継で見て、思わず漏らした言葉がこれだった。  すでに公開されている仕様を見ると分かるが、iPhone 7 / 7 Plusは初めて「日本専用版」が用意されている。 Ray-Banレイバン サングラス例えば、LTEの対応周波数を見ると分かるが、ほぼ日本専用となっている1.5GHz帯も利用可能だ。これは、下り最大375MbpsのLTE Advancedに対応させるためだろう。 シャネルiphone7ケース  かねてよりウワサのあったFeliCa搭載も、現実のものになった。日本では、非接触決済の「Apple Pay」にFeliCaを採用することで、日本での利用可能な場所を一気に増やした格好だ。 iphone6sケースiDやQUICPayに加えて、モバイルSuicaも対応サービスとして紹介されていた。  Apple Payの説明を読む限りでは、これまでAndroid搭載スマートフォンに搭載されてきた「モバイルSuica」とは異なり、改札の通過やチャージなど、一部の機能にしか対応していないようだ。 ルイヴィトンiphone6s plusケースだが、これまで決済機能に未対応だったiPhoneにとっては、大きな進化といえる。 防水に加えてマリオも  こちらは日本専用というわけではないが、iPhone 7の防水・防塵対応も日本で受けそうな仕様だ。 シャネルiphone7ケース  防水・防塵は、日本のフィーチャーフォンが世界に先駆けて実装してきた仕様で、おサイフケータイワンセグ、赤外線と並び、“4種の神器”などとも呼ばれてきた。  この流れを受け、一部のAndroidスマートフォンも防水に対応。 ルイヴィトンiphone6sケースソニーXperiaに載せ、その仕様をグローバルに広げたことで、サムスンなどのグローバルメーカーも対応を始めるようになった。一度対応した防水をやめたサムスンの「Galaxy S6」「Galaxy S6 edge」はユーザーからの厳しい声を受け、「Galaxy S7」「Galaxy S7 edge」では復活を余儀なくされたほどだ。 シャネルiphone7ケースグローバルでも防水・防塵への需要が出てきているなか、ついにiPhoneもその流れに乗ってきたというわけだ。  日本の市場を意識したサービスやハードウエア開発を行う一方で、日本の強みであるコンテンツを取り込み、グローバルでの強みに変えたのも特徴的だった。 エルメスiphone6s plusケース  アップル発表会の冒頭では、App Storeについての解説を行い、続けて、「スーパーマリオ」のiPhone対応が明らかにされた。ステージには、任天堂宮本茂氏が登壇。 6PlusケースシャネルマリオがiPhoneのスクリーンの中を軽快に駆け巡るデモが披露された。  またポケモンGOApple Watch対応も発表された。 アイフォン7シャネルポケモンGOは開発こそ米企業のNianticだが、こちらも日本のコンテンツを生かした動きのひとつといえるだろう。 iPhone 7/7 Plusを9月16日に発売、ドコモ・auソフトバンク 写真:Impress Watch  NTTドコモKDDI沖縄セルラーソフトバンクの3キャリアは、9月8日未明(日本時間)に発表されたAppleの「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を取り扱うと発表した。 アイフォン6シャネル3キャリアともに予約開始は9月9日16時1分からで、発売は9月16日8時。  また、同時に発表されている「Apple Watch Series 2」についても、auソフトバンクが取り扱いを表明している。 iPhone6 シャネルこちらも9月16日に発売される。  加えて、iPhone 7/7 Plusの大きな特徴のひとつである日本市場向けのFaliCa対応と、Apple Payの日本でのサービスが10月から開始されると発表されたことを受け、3キャリアが展開するクレジットカードなどの決済サービスがApple Payに対応することも発表されている。 シャネルiphone7ケース  iPhone 7/7 Plusの詳細については別記事を参照していただきたい。Apple Payの日本でのサービス開始、Apple Watch Series 2についても別途ニュース記事を掲載している。 アイフォン7シャネルNTTドコモ 375Mbps、1.5GHz帯対応  NTTドコモは、iPhone 7/7 Plusの取り扱いを表明。9月9日の予約受付は、9月16日から販売を開始するドコモ販売店の店頭と、ドコモホームページで行うとしている。 iPhone7ケース ブランド  通信サービスでは、ドコモが東名阪の一部エリアにてすでに提供している、LTEで下り最大375Mbps、上り最大50Mbps(どちらも理論値)を実現する3波のキャリアアグリゲーション(3CA)の対象機種に、iPhone 7/7 Plusが加わると発表している。  また、iPhone 7/7 Plusは、ドコモが全国の都市部で展開している1.5GHz帯をiPhoneとして初めてサポートしており、快適に利用できるとしている。 アイフォン7シャネルドコモは1.5GHz帯に対応した基地局を全国に2万1200局展開している。 □Apple Pay対応、「iD」「dカード」  Apple Payが日本で10月からサービスを開始されることを受け、ドコモが提供している非接触決済の「iD」、クレジットカードの「dカード」がApple Payに対応する。 プラダ iPhone6ケースFeliCa対応となるiPhone 7/7 Plus、Apple Watch Series 2のApple Payで利用できる。Apple PayのSuicaへのチャージも行える。 アイフォン7シャネル  支払いは全国のiD加盟店で利用可能。店舗では、端末の指紋センサーの「Touch ID」に指を載せたままiPhone 7/7 PlusをiDのリーダーに近づけると支払いが完了する。 シャネルiphone7ケースApple Watch Series 2ではサイドボタンを2回クリックしてリーダーに近づける。  dカードのMasterCardでは、アプリやオンラインショッピングの支払いでもApple Payを利用可能。 アイフォン7シャネル「Touch ID」に触れるだけで支払いを完了できる。店頭のリーダーとのやりとりは関係ないため、iPhone 6以降のiPhoneや、iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 3以降のiPadが対応する。 シャネルiphone7ケースauたな偉業によるものです」という説明の文末にある注釈番号を追ってページの下の方を見ると、「表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします」と書かれている。 シャネルiphone7ケース  せっかくの美しい光沢を楽しめるようなケースの登場が待ち望まれる。

「iPhone 7/7 Plus」は何が変わった? デュアルカメラに防水仕様

iPhone 7/7 Plus」は何が変わった? デュアルカメラに防水仕様……6s/6s Plusとの違いを速攻チェック iPhone 7とiPhone 7 Plus  米AppleiOS搭載スマートフォンの新モデルとして、4.7インチディスプレイ搭載の「iPhone 7」と、5.5インチディスプレイ搭載の「iPhone 7 Plus」を9月16日に発売する。2015年に発売した前モデル「iPhone 6s/6s Plus」からの変更点を早速チェックしてみよう。 シャネルiphone7ケース 【画像】アンテナラインがすっきりした背面  ラインアップはストレージ容量別に全6モデル。SIMロックフリーモデルの価格はiPhone 7が7万2800円、iPhone 7 Plusは8万5800円から。 シャネルiphone7ケース過去モデルとの価格比較は次の通りだ(いずれもSIMロックフリーモデル、税別)。 ●ついにイヤフォンジャック廃止 Lightning接続のEarPodsが付属  イヤフォンジャックが廃止され、本体底面からその姿を消した。 シャネル iPhone6sケースそれに伴い、Lightning接続の純正イヤフォン「EarPods with Lightning Connector」と、3.5mmのイヤフォンをLightning接続できるアダプターが付属する。さらに、左右が完全に独立したワイヤレスイヤフォン「AirPods」も登場。 シャネルiphone7ケース  また、本体に備えるスピーカーは、上下に分かれるステレオスピーカーとなり、6sに比べて音量が2倍に大きくなった。 ●iPhone初の防水に対応 ホームボタンは新しい感圧式に  iPhoneシリーズ初の機能として、IP67等級の防水防塵性能を備えた。 アイフォン7シャネルこれは水深1mに約30分間沈ませても動作に問題がない程度の防水性能だ。  ホームボタンも新設計となっており、3D Touchでも採用されているTaptic Engineによるフォースフィードバックが行えるようになった。 シャネルiphone7ケース指紋認証機能であるTouch IDも引き続き対応している。 ●新チップ「A10」搭載 パフォーマンスが最大2倍に向上  内蔵チップは64bitアーキテクチャ搭載の「A10 Fusionチップ」を搭載。 シャネルiphone7ケースiPhone 6と比べるとプロセッサの処理速度は最大2倍、グラフィックスは最大3倍高速化しているという。  ストレージ容量は32GBと128GB、そしてiPhone初となる256GBの3モデルをそろえた。 アイフォン7シャネル6s/6s Plusまで用意していた16GBモデルと64GBモデルは廃止となる。  ディスプレイのサイズや解像度は6s/6s Plusと同様だが、iPad Proと同じ広色域ディスプレイに進化。 iPhone 6ケース最大輝度が500cd/m2(標準)から625cd/m2(標準)に向上し、25%明るくなったという。 ●ブラック系統の新色を2色追加 カラーバリエーションは全5色に  スペースグレイを置き換える形で、新色として光沢感のある「ジェットブラック」と、マットな「ダークブラック」が追加され、「ローズゴールド」「ゴールド」「シルバー」をあわせて全5色のカラーバリエーションとなった。 アイフォン7シャネル ●デザインは従来モデルを踏襲 背面のアンテナラインが控えめですっきり   本体のデザインは6s/6s Plusのラウンドフォルムを踏襲しているが、背面に存在していたアンテナのライン(通称・Dライン)がふちに沿った部分のみの配置となり、見た目がすっきりした。カメラは従来通り出っ張っている。 シャネルiphone7ケース  サイズは、7/7 Plusともに6s/6s Plusと全く同様。重量はiPhone 7が6sから5g軽く、iPhone 7 Plusは6s Plusから4g軽くなった。 シャネルiphone7ケースイヤフォンジャックが取り除かれても、特別薄型になるわけではないようだ。比較表は以下の通り。 グッチiPhone7ケース ●全モデル光学式手ブレ補正 7 Plusはデュアルカメラ搭載  iPhone 7の背面カメラは1200万画素で6sと同等だが、F値が2.2から1.8となり、最大50%明るく撮影できるようになった。さらに、従来は6s Plusのみだった光学式手ブレ補正を搭載。 レイバン サングラス6sよりも50%明るく発光する「クアッドLED True Toneフラッシュ」も備えている。  iPhone 7 Plusは背面カメラに1200万画素の広角カメラと望遠カメラの「デュアルレンズカメラ」を備え、2倍の光学ズームが可能なほか、被写界深度を検知して背景をボカすエフェクトも利用できる。 アイフォン7シャネル  いずれもFaceTimeカメラ(インカメラ)は500万画素から700万画素と向上している(F値は2.2で同等)。撮影した写真の前後数秒をとらえて“動く写真”を残せる「Live Photos」機能や、高精細な4K動画(3840×2160ピクセル)撮影機能も6s/6s Plusと同じく搭載する。 iPhone6 ルイヴィトン ●バッテリー稼働時間  バッテリー容量は公開していないが、iPhone 7は6sと比べて最大2時間、iPhone 7 Plusは6s Plusと比べて最大1時間長いバッテリー駆動時間を確保している。 ●待望の「FeliCa」搭載でSuica対応 「Apple Pay」も日本で  日本モデルにはソニーの非接触ICカード技術「FeliCa」を採用し、Suicaも利用できるようになった。 シャネルiphone7ケースAppleのモバイル決済サービス「Apple Pay」(日本では10月中にスタート予定)も利用できるようになる。 Appleは9月7日(米国時間)にサンフランシスコでApple Special Eventを開催し、新たなiPhoneシリーズとして「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発表した。 アイフォン7シャネル  合わせて、国内でも予約は9月9日午後4時1分から開始し、9月16日に発売することを明らかにした。販売キャリアはNTTドコモKDDIソフトバンクの3社で、追って各社から予約方法やキャンペーンなどの詳細が発表されるだろう。 シャネルiphone7ケース  SIMフリーモデルの価格はいずれも税別で、32Gバイトが7万2800円、128Gバイトが8万3800円、256Gバイトが9万4800円。前モデルのiPhone 6sは発売当初、16Gバイトが8万6800円、64Gバイトが9万8000円、128Gバイトが11万800円だったことを考えると、現在の為替を反映してか価格は大幅に下がっている。 携帯iphone7ケースiPhone 7 Plusは、32Gバイトが8万5800円、128Gバイトが9万6800円、256Gバイトが10万7800円となっている。  話題となっていた光沢のある新色「ジェットブラック」が登場し、これまで「スペースグレイ」としてラインアップしてきたつや消しのカラーは「ブラック」に変わった。 超人気 マイケルコースiPhone6ケース従来の「ゴールド」「シルバー」「ローズゴールド」と合わせて計5色展開となる。ジェットブラックは、128Gバイトと256Gバイトモデルのみを販売する。 シャネルiphone7ケースなお、新製品の登場に伴い、iPhone 6/6 Plusの16Gバイトモデルはラインアップから外れ、32Gバイトと128Gバイトのみになる模様だ。価格もiPhone 6sが6万1800円~、iPhone 6s Plusは7万2800円~と値下げされている。 シャネルiphone7ケース  iPhone 7/iPhone 7 Plusは新たにIP67の耐水・防塵性能を備える。また、日本ではFeliCaチップの搭載により、長らく待たれていた「Suica」が使えるApple Payに対応。 シャネルiphone7ケースさらにアメリカンエキスプレス、マスターカードJCBカードauソフトバンク、ドコモのdカードなども対応し、交通機関や店舗にてiPhone7/7 PlusまたはApple Watch Series 2をかざして決済できるようになる。ただし、Apple Payがサポートされるのは、日本で発売されるiPhone7/7 PlusおよびApple Watch Series 2のみとなる。 アイフォン7シャネル  スペックは、新たに広色域に対応した3D Touch搭載 Retina HDディスプレイを搭載するほか、A10 Fusionチップ組み込み型M10モーションプロセッサを搭載。いずれもF1.8、1200万画素の明るいカメラを搭載。 iphone6sケースiPhone 7 Plusは広角カメラと望遠カメラの2つを搭載し、2倍光学ズームでシャープなクローズアップの写真とビデオを撮れるようになった。デジタルズームを使えば、写真なら最大10倍、ビデオなら最大6倍のズームで撮影できるようになる。 シャネルiphone7ケースまた、ホームボタンは耐久性が高く、圧力を感知するように設計されたものになっている。  うわさどおり、3.5mmのイヤホンジャックを廃止。 エルメスiphone6ケース付属のヘッドホンはLightningコネクタがついた「EarPods」に変わった。これまでのヘッドホンが楽しめるよう、Lightningに差し込む「3.5mmヘッドホンジャックアダプタ」も同梱される。 アイフォン7シャネル  Appleは、10月下旬にも新たなワイヤレスヘッドホン「AirPods」を発売する。価格は1万6800円(税別)。 エルメスiphone6s plusケース専用に設計された「W1」チップを搭載。耳に装着したことを感知し、自動的にオンになって接続されるほか、耳から離すと一時停止する。 ディオール携帯ケースさらにはダブルタップするとパーソナルアシスタント「Siri」を起動できる。1回の充電で5時間の再生が可能。 iPhone6 エルメス24時間以上聞き続けられるよう、複数回充電できる充電ケースが付属。15分充電すると3時間再生できるようになるという。 iPhone6 エルメスまたSiriに「AirPodsのバッテリはどのくらい?」と聞けば、残量を教えてくれる機能も持つ。